ダンシングwithまんぼう

沖縄 西表島 5/sep/'14




石垣島の東海岸を望む、、
やっぱり最低中三日は必要だね~ なんだか来て帰るようだョ、、
とっても後ろ髪を引かれる石垣島上空なのであった。 あはは




二日目は西表島で潜る事になった。
僕は ずいぶん前から石垣島はもちろん
西表島も行きたかった島だったので 大いに期待したのであった。






とっても青い島、、西表島。
僕が22年前にアジアからアフリカを旅していた頃、、
バックパッカーの間の噂で 西表島にはターザンと呼ばれる
日本人が住んでいると聞いた事があった。






一本目の野原(ノバル)アーチなのだ♪
割と浅い水深でこんな洞窟が幾つもある地形ポイント
もちろんサンゴ礁もとってもキレイ。






二本目は その名もスーパーシークレットポイント、、なのだが うーむ
これがまた とっても期待ハズレのダイビングであった。


何しろドリフトダイビングなのだが、、
1,2,3, で足並みを揃えてバックロールエントリー
そして ボートの下で固まって一緒に流れていくはずだった。

しかし、、いっこうに流れる気配もなく
僕等は黙々と淡々と泳ぎ続けた、、

更に、、ボートの上でヨシさんが語っていた大物は
この止まった潮では まったく現れるはずもなく、、

虚しく残圧80barで浮上したのであった。 怒
ざんね~ん!






西表島での三本目 ラストダイブはタカナ温泉前である。
何しろサンゴ礁から続くドロップオフのポイントで
すごくキレイ♪

西表島には何かがある、、
とっても不思議な感じの島である。







最後に出逢ったイシガキカエルウオ君、、
僕が好きなタイプ ぽっ

ところが、、ワイドコンバージョンだったので
テレ側一杯にして ようやくこんなでです、、
ちょっと ざんねん~~!







この日の夜は同船のダイバー全員と
シーフレンドのガイド ヨシさんと打ち上げをした。

この店は「ひとし」2号店である。

ハッキリ言って、、
すごい美味しい!! 主に魚介料理なのだが、、
鮮度も良いし 料理がホントにセンスあるョン♪

東京のイイ場所で店を出しても
話題になるぐらいのレベルである。


今回の石垣島&西表島は残念な事もあったケド、、

それでも、、
マンタ君達には長い時間逢えたし
美味しい店にも出逢ったので良しとした。スマイリー



今回のダイビングは6ダイブ
合計潜水時間は269minであった。


また、、
きっと来るョン♪


...どきどき










6539kazu 18:02 | コメント(0)

沖縄 石垣島 4/sep/'14



集合場所は港のシーフレンド号、、
ホテルから3分程なので楽チンだョン ぽっ




僕の旅先での朝は早い、、
夜明けと共に起きてコンビニまで朝食を買いに行った。
ついでにホテルの前の公園でストレッチを済ませた、、

集合は8時半なので余裕である。
全員揃うとボートは出船した、、

一本目は名蔵ガーデン
サンゴ礁が広がるポイントなので
ワイドコンバージョンレンズを装着した。







名蔵ガーデンのサンゴ礁だョン♪




一本目が終わりボートに上がると突然 雨が降り出した、、
といってもスコールなので30分位で上がった。

二本目は名蔵アカククリの根である。
エントリーすると少しガッカリした、、

というのは透明度が悪かったのだ、、
多分このスコールのせいかもしれない。

それとカメラの充電が半分に表示された、、

致し方なし、、と
このポイントではカメラの使用を控えた。
次のマンタスクランブルでマンタ君達を撮りたかったのだ。







なんだか いつも見る顔のクマノミ君ではあるが、、
石垣島では珍しかった どうして?




お昼ご飯を食べてしばらく休んだ後 北の川平湾に向かった。

ところが、、
マンタスクランブルはダイビングボートが沢山、、

30分位待ってからエントリーした。






出たー マンタ君かっこいい~!!




マンタスクランブルでは僕等はついていた。
何故なら エントリー直後に4枚のマンタ君達が既に乱舞しており

僕等がポジションを決めてから
4枚から3枚そして2枚になって
実に40分もの間ホバーリングを繰り返したのである。

こんなに長い時間マンタ君達と一緒に居られるとは思わなかった。

とっても幸せな午後のひと時である♪


さてさて、、

マンタ君達には 久しぶり対面を果たしたことだし、、


今夜は何処で一杯やろうか?
などと考えつつ帰港したのであった。。 スマイリー





...どきどき












6539kazu 17:59 | コメント(1)

沖縄 石垣島 3/sep/'14



到着の日の港の夕暮れ、、
手前がシーフレンドのダイビングボートなのだ。
ホテルからわずか3分である 朝が楽チンだョン♪



この秋、、
3年ごしで石垣島へのダイビングが叶った。

なにしろ、、 
いっつも予定を立てた日に台風が来るサイクルだったので
僕にとっては とっても遠い島だったのだ。

出発の当日は午後13時5分のフライトだったので
早めに羽田空港に着いて 
いつものように寿司屋で一杯やってから搭乗した。





今回の宿 ホテルチューリップである。
海岸に沿って建っているので 全室オーシャンビューだョン♪





シングルルームである、、
テレビ 冷蔵庫など設備は完璧 とっても気持ちよく過ごせた。



部屋に通されて とりあえず荷物を軽くほどくと、、
さっそくロビーで 盛り場の場所を聞き出して
街に繰り出した。






居酒屋「一魚一会」は沖縄民謡のライブを一晩に二回やっている。



小一時間ほど街をぶらついて、、一番気になった店に入った。

それが 満席だったのだが、、
何とかカウンターの端に椅子を用意してもらって混じる事ができた。

店はライブの途中であったが
これが凄い盛り上がり状態で 僕もテンションmaxである♪







いきなりの三線の音色は心に響くのであった。






僕は沖縄料理はそんなに知らなかったのだが、、
ゴーヤをはじめ その他の食材もとっても美味しくいただいた。



あがりに沖縄そばを食べるつもりだったのだが、、
すっかり出来上がってしまったので 翌日に延期である。



肝心のダイビングは朝8時半にボートに集合だョン♪



...どきどき



6539kazu 22:52 | コメント(1)

フィリピン セブ マクタン島



リゾートのプールだョン♪ 
最終日、、午前中の2ダイブを終えてビール片手にくつろいだ。ビール





次のダイブが 今回のマクタン島でのラストダイブである。

ポイントまでの移動の間、、
バンカーボートの舳でくつろいだ。

ボートは南へ下る、、

見るとサンドバーリゾートが見えるではないか、、
僕はリカルドに 次のポイントはコルトバか~?
と聞くと、、バスバスだと言った。






プールサイドでのランチ&ビアタイムなのだ。
エビのフリッターとポテトはビールにバッチリ合うョン♪




19/Mar/'14  空港までの道すがら、、 
まぁ フィリピンでは よく見かけるトライシクルの大盛り乗り。あちゃー





 ☆ BASBAS ☆  18/Mar/'14
天候晴れ 気温31℃ 水温27℃ 深度16m
透明度15m 潜水時間45min。。



 ポイントはコルトバの少し東側寄りである。
到着して次々とエントリーした、、

着底すると(-8m) その地形ですぐわかった、、
コルトバはまずスロープだが 
バスバスは目の前がドロップオフである。

壁を潜行して(-16m)
南から北へ平行移動、、少し流れている。

午前中なので太陽の光が丁度、、壁を照らす角度で入っている。
とってもキレイである。


イイ感じで流れて行った。
リカルドが穴を覗くとニチリリンダテハゼを発見。
今回のフィリピンでは初めて、、

岩陰に光るのは何ぞや、、
と見るとミニダーツゴビーが数十匹ホバーリングしていた。
珍しいヤツである♪

ボチボチ浮上かと思いきや、、
すると!またまた変なヤツが居た。

蝶々の様にヒラヒラしているので近寄ってみた。

なんだか動きが早すぎてピントを合わせるのに至難の技である。
チョウチョウコショウダイというヤツであった。


ラストダイブは太陽の角度もドロップオフを照らし
とても健康的な気分なのだ。

こんなダイビングが理想的ではある。



マクタン島のダイビング最終日まで10ダイブ、、
合計潜水時間424minであった。 ぽっ






ミニダーツゴビー、、今度は動画にしョ♪



いっつもよく見るのに今回はこれだけだった、、ニチリンダテハゼ君。



この子が妙な動きで泳ぐチョウチョウコショウダイ君、、
ピントによく合ったなぁ~。。




...どきどき
6539kazu 18:22 | コメント(1)

フィリピン セブ マクタン島



朝のVanoビーチの沖合に留まっているバンカーボートより、、スマイリー






 この日の朝、、
いつものように待ち合わせの1階のロビーに降りていくと、、
沢山の学生サンたちが居た どうやら卒業旅行らしい。


なんだか、、
やな予感がした。

そして、、
その予感は当たってしまうのだ。

この日のバンカーボートは  この学生サン達と
僕と もう一人のパーティである。
ちなみにガイドは4人ほど 一緒にボートに乗り込んだ。

総勢ガイドを含めて25人は多分軽く超える大所帯で出航である。







こんなに沢山で潜るのだ、、 あちゃー






☆ Coral Reef ☆  18/Mar/'14

天候晴れ 気温31℃ 水温27℃ 深度16m
透明度15m 潜水時間37min。。





 さてさて、、
Vanoビーチから とっても重いバンカーボートは出航した。

最初のポイントはコーラルリーフである。
今回はとっても大人数なので4グループで潜った、、

僕の組は女の子が4人と昨日の一人
僕とガイドのリカルドで7人である。

ポイントは流れていたのでドリフトダイブである。

キャーキャー騒ぐ女子学生と潜るのだ、、

すると、、
彼女達は水中でも騒いでいる様で、、
こぶし大のエアバブルがボコボコ音を立てて
僕の前をかすめてゆく、、

それでも、、
僕はマイペースで気持ちよく流れつつ
サカナ君達と戯れているところ、、

リカルドから まさかの浮上サイン
僕の残圧は まだ120Barもある、、
なぜ、、こんなところで??

仕方なく浮上すると、、
前のグループをピックアップした後の
バンカーボートは 遥かに先である。

それで判った、、 
要するに彼女達の誰かが水中でも 
あんまりに豪快に笑うもので 空気が無くなっちゃったのであった。 あはは


僕らは、、
ひたすら泳ぎ続けなければならないのだ。

ボートがあまりに遠すぎて
いくら叫んでも聞こえないである。

僕のウエットスーツは蛍光色のオレンジ色なので
腕を挙げてシグナルフロートにもなったりした。

しかし、、
それでもヘッチャラで歓談を続ける女子学生さんたち、、


僕はひそかに 僕につぶやいた、、

お疲れ様でした。。 ぽっ









ネッタイミノカサゴとソラスズメダイ、、
ミノカサゴ君 一体何を企んでいるの?



珊瑚と合わせて海の中の花 イソギンチャク、、とってもキレイだョン♪



とっても初々しいハタタテシノビハゼ君 
サイズは5センチ位 とってもカワイイね~♪



...どきどき



































6539kazu 23:01 | コメント(1)
«  2016年 10月  
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
最近の記事
沖縄 西表島 5/s…
09/27 18:02
沖縄 石垣島 4/s…
09/20 17:59
沖縄 石垣島 3/s…
09/13 22:52
フィリピン セブ マ…
06/28 18:22
フィリピン セブ マ…
06/21 23:01
最近のコメント
Super Sta…
saskmbmoo 04/13 14:53
игровые ав…
slot25 04/13 14:42
Отличный, …
Sitesliab 04/13 10:02
казино пск…
casino100 04/13 00:26
ijside yo…
Sarachoix 04/12 20:53