2013年07月のアーカイブ

フィリピン アニラオ 16/Apr/'13



アニラオ三日目の最後のダイビングはARC、、
                なんと! ヘリコプターが沈んでいるポイントなのだ♪




三本目のピアからリゾートに戻って 少し休憩である。
今回、、このダイビングで終わった うみぼうずさんは、、
心なしか、、渋々と機材を洗っている。


でも、、僕は四本目のダイビングがあるので
僕もまた、、渋々と船着き場へと向かったのであった。


ぽっ



ヘリコプターに寄り添うネッタイミノカサゴ、、
                               50cmオーバーの化け物である。




☆ アニラオ ARC ☆ 16/Apr/'13

天候晴れ 気温34℃ 水温29,2℃
深度max25m 透明度10m 潜水時間54min。。



 さて、、うみぼうずさんが抜けて 
僕と中川さんの二人でポイントへ向かった。
リゾートから南下すること数分、、ARCは近いのだ。


それぞれ カメラを抱えてバックロールでエントリーすると、、
ロナルドを先頭に沖の深みへ向かった。


水深25m付近、、やがて遠くに一際目立つ物陰が見えた、、
それが沈む ヘリコプターである。


現役の頃はどんな姿で この空を飛んでいたのだろう、、
今では もうボロボロになって沈没したヘリコプターは、、
静かに そこに佇み、、サカナ達の共同住宅と変身して 
その役目を担っていた。


 どれどれ、、と ヘリコプターの住人の顔を伺った。
まず、、フロントガラスのフレームには
とっても大きなネッタイミノカサゴの夫婦、、


内部を覗くとオニカサゴの幼魚が神妙な面持ちである。
ヘリコプターの脇の砂地には これはキノコ?と、、思わせるウミウシがいた。


 そこから、、しばし南へ移動すると散乱した土管があった。
ここもまた良い漁礁となり サカナ達の共同住宅である。
そこには、、なにしろ派手なブルーのソラスズメダイが乱舞している、、


そして砂地には、、
テーラーガーデンイールがガヤガヤと騒いでいるように見えた。



遅い午後の黄昏が迫るアニラオの海、、
今は、、その雄姿をサカナ達の住処と化したヘリコプターである、、


そして土管の漁礁には、、
ほのぼのと、、サカナ達の生活感が漂うのであった。スマイリー

















...どきどき




 

 








6539kazu 12:11 | コメント(157)

フィリピン アニラオ 16/Apr/'13


今回のダイビングの相棒のうみぼうずさん、、
           この午後の3本目がラストダイブなのだ。。

あはは



 三日目の午前中のダイビングを終えてリゾートにランチをしに戻った。
ビュッフェスタイルのランチはとてもボリュームがあってデザートも付く
ちょっと からくちで食べるにはもったいない位である、、
つまり ビールが欲しいのだが、、午後も潜るのでガマンなのだ。







左から、、うみぼうずさん ガイドのロナルド そして僕である。。

ぽっ



☆ アニラオ ピア ☆  16/Apr/'13.

天候晴れ 気温34℃ 水温29,6℃ 深度max9,5m
透明度10m 潜水時間63min。。



 さてさて、、
うみぼうずさんのラストダイブはアニラオピアである。
バンカーボートはリゾートから30分ほど北上する、、

ポイントはちょっとした湾の様な地形、、 
そして湾の奥の陸地にはカラフルなパステルカラーが立ち並び
午後の柔らかい陽光に照らされ とても綺麗である。


ロナルドがエントリーの前に嬉しそうに、、
「ここは色々な生き物が居るョ♪、、」・・・と言った。
ロナルドが嬉しそうにしていた理由が着底して判った、、 
なるほど、、ここは公園の砂場である。

しかし、、 浮力の調節とフィンキックには細心の注意を払わなければ
砂よりも軽い泥は舞い上がり、視界は一瞬で失う。
地形は泥地に水草がチラホラと そして水深も浅い、、
こんなポイントは変なヤツらのるつぼである。

僕らは皆それぞれ 宝探しに徘徊した、、
ウミウシはもちろん サカナも居る、、
面白いヤツでは、巨大なナマコに寄り添うウミウシカクレエビ、、
おそらくヨソギの幼魚であろう、、
カワハギなのだが上手く水草に擬態してフワフワと、、
そして、、同じく幼魚でキリンミノもひょうひょうと、、

このポイントの目玉はミミックオクトパスである! コイツには毒がある、、
ロナルドが興奮した様子で、、
見つけた!とばかりに指示棒をチャラチャラと鳴らして僕らを呼んだ。


なにしろ珊瑚礁が主体の南の島では、、
珍しいこの泥地はビックリおもちゃ箱であった。。 スマイリー


















... どきどき





6539kazu 11:37 | コメント(124)

フィリピン アニラオ 16/Apr/'13


アニラオでは日中はダイビング、、
そして夜はジンロをロックでやりながら夜空の星を仰いだ。。 

ぽっ




マイニットから上がって 少し北上した。

とってもイイ天気なので 
ウエットスーツを脱いでバンカーボートのヘリに横になった、、

一時間も休憩すると二本目のダイビングになる、、

次のダイブはサンビュウーである。







ウミヘビって皆 同じボーダー柄だけど、、なぜ皆ボーダーなんだろ?






☆ アニラオ サンビュウー ☆  16/Apr/'13.

天候晴れ 気温34℃ 水温29℃ 水深max22,1m
透明度15m 潜水時間56min。。




 マイニットではワイドコンバージョンで何も撮れなかったので、
とりあえず 標準で行く事にした。


バックロールでエントリーして着底すると陸地から90度 
つまり スロープを沖に向かって進んだ、、


水中の景観は緩いスロープで砂地に点在する珊瑚礁、、
そして時折ソフトコーラルが咲く、、


適当に被写体がいるので 
何てことはない風景ではあるが楽しませてくれた。

特にウミウシの多様性、、 
なんだか名前を探すのも面倒なくらいいろんな奴に出くわした。


水深22m位まで潜行した辺りで左に90度旋回、、
しばらくは平行潜行 そして左へ 最後の左、、エントリーポイントに戻った。


サンビュウーはとってもウミウシの種類が多いマクロなポイントであった。
こんなに一回のダイビングでウミウシに逢えるのも珍しい、、



好きな人は好きなんだろうなぁ~ スマイリー













...どきどき




6539kazu 12:03 | コメント(384)
«  2013年 07月  »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
最近の記事
フィリピン セブ島 …
10/22 17:00
フィリピン セブ島 …
10/15 16:52
フィリピン セブ島 …
10/08 16:07
沖縄 西表島 5/s…
09/27 18:02
沖縄 石垣島 4/s…
09/20 17:59
最近のコメント
Мечтаете ж…
shale.laro... 11/17 04:59
Допустим, …
APIShinue 11/16 08:47
Hello ther…
RalphPlorp 11/10 11:59
Buy Cheap …
LuckFoept 11/04 07:58
перечень у…
Michaeltoi... 11/02 12:18