2014年06月のアーカイブ

フィリピン セブ マクタン島



リゾートのプールだョン♪ 
最終日、、午前中の2ダイブを終えてビール片手にくつろいだ。ビール





次のダイブが 今回のマクタン島でのラストダイブである。

ポイントまでの移動の間、、
バンカーボートの舳でくつろいだ。

ボートは南へ下る、、

見るとサンドバーリゾートが見えるではないか、、
僕はリカルドに 次のポイントはコルトバか~?
と聞くと、、バスバスだと言った。






プールサイドでのランチ&ビアタイムなのだ。
エビのフリッターとポテトはビールにバッチリ合うョン♪




19/Mar/'14  空港までの道すがら、、 
まぁ フィリピンでは よく見かけるトライシクルの大盛り乗り。あちゃー





 ☆ BASBAS ☆  18/Mar/'14
天候晴れ 気温31℃ 水温27℃ 深度16m
透明度15m 潜水時間45min。。



 ポイントはコルトバの少し東側寄りである。
到着して次々とエントリーした、、

着底すると(-8m) その地形ですぐわかった、、
コルトバはまずスロープだが 
バスバスは目の前がドロップオフである。

壁を潜行して(-16m)
南から北へ平行移動、、少し流れている。

午前中なので太陽の光が丁度、、壁を照らす角度で入っている。
とってもキレイである。


イイ感じで流れて行った。
リカルドが穴を覗くとニチリリンダテハゼを発見。
今回のフィリピンでは初めて、、

岩陰に光るのは何ぞや、、
と見るとミニダーツゴビーが数十匹ホバーリングしていた。
珍しいヤツである♪

ボチボチ浮上かと思いきや、、
すると!またまた変なヤツが居た。

蝶々の様にヒラヒラしているので近寄ってみた。

なんだか動きが早すぎてピントを合わせるのに至難の技である。
チョウチョウコショウダイというヤツであった。


ラストダイブは太陽の角度もドロップオフを照らし
とても健康的な気分なのだ。

こんなダイビングが理想的ではある。



マクタン島のダイビング最終日まで10ダイブ、、
合計潜水時間424minであった。 ぽっ






ミニダーツゴビー、、今度は動画にしョ♪



いっつもよく見るのに今回はこれだけだった、、ニチリンダテハゼ君。



この子が妙な動きで泳ぐチョウチョウコショウダイ君、、
ピントによく合ったなぁ~。。




...どきどき
6539kazu 18:22 | コメント(1)

フィリピン セブ マクタン島



朝のVanoビーチの沖合に留まっているバンカーボートより、、スマイリー






 この日の朝、、
いつものように待ち合わせの1階のロビーに降りていくと、、
沢山の学生サンたちが居た どうやら卒業旅行らしい。


なんだか、、
やな予感がした。

そして、、
その予感は当たってしまうのだ。

この日のバンカーボートは  この学生サン達と
僕と もう一人のパーティである。
ちなみにガイドは4人ほど 一緒にボートに乗り込んだ。

総勢ガイドを含めて25人は多分軽く超える大所帯で出航である。







こんなに沢山で潜るのだ、、 あちゃー






☆ Coral Reef ☆  18/Mar/'14

天候晴れ 気温31℃ 水温27℃ 深度16m
透明度15m 潜水時間37min。。





 さてさて、、
Vanoビーチから とっても重いバンカーボートは出航した。

最初のポイントはコーラルリーフである。
今回はとっても大人数なので4グループで潜った、、

僕の組は女の子が4人と昨日の一人
僕とガイドのリカルドで7人である。

ポイントは流れていたのでドリフトダイブである。

キャーキャー騒ぐ女子学生と潜るのだ、、

すると、、
彼女達は水中でも騒いでいる様で、、
こぶし大のエアバブルがボコボコ音を立てて
僕の前をかすめてゆく、、

それでも、、
僕はマイペースで気持ちよく流れつつ
サカナ君達と戯れているところ、、

リカルドから まさかの浮上サイン
僕の残圧は まだ120Barもある、、
なぜ、、こんなところで??

仕方なく浮上すると、、
前のグループをピックアップした後の
バンカーボートは 遥かに先である。

それで判った、、 
要するに彼女達の誰かが水中でも 
あんまりに豪快に笑うもので 空気が無くなっちゃったのであった。 あはは


僕らは、、
ひたすら泳ぎ続けなければならないのだ。

ボートがあまりに遠すぎて
いくら叫んでも聞こえないである。

僕のウエットスーツは蛍光色のオレンジ色なので
腕を挙げてシグナルフロートにもなったりした。

しかし、、
それでもヘッチャラで歓談を続ける女子学生さんたち、、


僕はひそかに 僕につぶやいた、、

お疲れ様でした。。 ぽっ









ネッタイミノカサゴとソラスズメダイ、、
ミノカサゴ君 一体何を企んでいるの?



珊瑚と合わせて海の中の花 イソギンチャク、、とってもキレイだョン♪



とっても初々しいハタタテシノビハゼ君 
サイズは5センチ位 とってもカワイイね~♪



...どきどき



































6539kazu 23:01 | コメント(1)

フィリピン セブ マクタン島



リゾートの外はこんな感じ、、僕はシャワーを浴びた後の黄昏時に
素朴な風景が広がるフィリピンを満喫するのだ。







 三本目のビーチダイブが終わって、、
ランチタイムは昨日と同じvanoビーチ近くのレストランに行った。
この日はメニュウーを見て 焼きそばを頼んだら品切れなので
かた焼きそばをオーダーした。 味は、、 あはは


お昼休みはすっかり静まり返ったビーチでボケチンとしていた。
二時過ぎにはエントリーである。







ディナーで頼んだ料理長お薦めのケバブ、、
一応ステーキの様にミディアムレアで焼いてもらった。







☆ vano beach4 ☆  17/Mar/'14

天候晴れ 気温31℃ 水温27℃ 深度12,8m
透明度10m 潜水時間41min。。





 この日の4本目はビーチエントリーである。
遠浅の海を歩いて沖に向かうのだ、、

草原が広がる辺りで機材を装着 
そしてリーフ近くまで水面移動  潜行した。

ドロップオフを潜行-12mまで そして南へ移動する、、
アゲンストのカレントに向かってのダイビングである。


今回は割とマクロ系の被写体が多い、、
しかし 流れに揺られてクローズアップでの撮影は難しい。

まぁ それでもナデシコカクレエビ君など 
ちょっとは洒落た被写体も居たョン♪

残圧100bar位で折り返すと 今度はカレントに乗って
ユルユルと流れた、、

途中、、
クラゲ君が僕の横を通り過ぎたので ダメ元で撮ってみたら一応撮れる、、
やっぱりカメラの性能なんだネ♪

ミゾレウミウシ君はエキジットに向かう草原で発見、、
ドロップオフよりも マクロ系は草原を散策した方が被写体は多いかも?


今回で4回目のvanoビーチだが、、
マクロの被写体なら事欠かないポイントである。


今度は草原を ゆっくりとクローズアップレンズを付けて
マクロな被写体を狙ってみるのも 面白いかもしれない。 ぽっ








スケスケのナデシコカクレエビ君、、
周りのサンゴ礁との色合いがとってもキレイだネ♪



ふと、、横を通り過ぎるクラゲ君は不思議なヤツなのだ。 あっ




ミゾレウミウシ君は とっても爽やかな色合い、、
アクションもイイので 被写体としてはモデル並みだネ~♪




...どきどき







6539kazu 12:03 | コメント(0)
«  2014年 06月  »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
最近の記事
フィリピン セブ島 …
10/22 17:00
フィリピン セブ島 …
10/15 16:52
フィリピン セブ島 …
10/08 16:07
沖縄 西表島 5/s…
09/27 18:02
沖縄 石垣島 4/s…
09/20 17:59
最近のコメント
Мечтаете ж…
shale.laro... 11/17 04:59
Допустим, …
APIShinue 11/16 08:47
Hello ther…
RalphPlorp 11/10 11:59
Buy Cheap …
LuckFoept 11/04 07:58
перечень у…
Michaeltoi... 11/02 12:18