2013年06月のアーカイブ

フィリピン アニラオ 16/Apr/'13


パシフィコ アズールのバンカーボート、、まぁ中型という所かな。 

にっこり



 三日目の朝、、
コーヒーを片手にボケちんと海へふらふら、、磯の香りがする。
千葉の冨浦の港の匂い、、? 
いや伊豆の今井浜の潮の香りかもしれない。
僕の心はフィリピンを離れ日本の海をイメージした、、


とりあえず、、アニラオの目覚めの海である。
日本の海は、僕にはご無沙汰なのでフィリピンよりも むしろ遠く感じた。
ノスタルジックな朝である、、








「パシフィック ブルー」リゾート御用達のダイビングショップなのだ。
もちろんリゾートの敷地内にある。





 ☆ アニラオ マイニット ☆  16/Apr/'13

天候晴れ 気温34℃ 水温29,3℃ 水深max25,5m
透明度15m 潜水時間48min。。


 


 アニラオダイビングの二日目の一本目はマイニットから潜る。
バンカーボートに乗り込むと すぐロナルドが嬉しそうに言った、、
「ここはワイドだよ!大きいバラクーダがいる。」・・・
まぁ そういうのでワイドコンバージョンを着けた。


リゾートを出港してから20分位南下した、、
半島の先端の更に岬の先端がマイニットである。
なんでも色々でるらしい、、


僕は期待してエントリーした。
やや流れている中、、流れに逆らって右側に壁を見ながら北上した、、


すると! 何だかロナルドは急いでいた、、何か理由があるのだろう。
壁をスルーして右回りに進んで行くと、、 ロナルドが止まれと合図した。
見ると、、とっても大きなオニカマスが悠悠と、岩の間に潜んでいる。


しかし残念、、
ワイドで撮るには距離があり過ぎたので僕は黙って見過ごした。


しばらく見ていたのだが、、
カマス君達もゆるゆると上がって行ってしまったので
僕らもやむなく重い腰を上げて、、コーラルと岩礁地帯を戻るのだ、、
この岬の様な地形をぐるっと廻る感じは 
パラオのブルーコーナーにチョット似ているかも、、
日によっては大物に遭えそうなポイントではある。



ちなみに、、
このポイントで撮ったのはワイドではないが、、
良しである。スマイリー










...どきどき


















 

 










6539kazu 11:49 | コメント(0)

フィリピン アニラオ 15/Apr/'13




一日の終わりにはビール片手に夕日を眺める、、これ南の島の常識ョン♪  ぽっ





 午後のダイビングは一本潜るとリゾートに戻り
四本目のダイブまで休憩する。
 
リゾートの周りを見回しても目ぼしいものは何にも無い田舎なので 
致し方なしと、、あきらめて四本目のダイビングをするのである♪







三本目のポイントのマトから帰ってきて 少し休憩である。。





 ☆ アニラオ コアラ ☆ 15/Apr/'13
天候晴れ 気温33℃ 水温28,9℃ 深度max14,5m
透明度12m 潜水時間58min。。
 
 
 



 三時半はゆうにまわり 遅い午後、、4本目のダイビングに出航した。
南へ10分位か、、 ポイントに着くと次々とエントリー
浅瀬のゴロタ岩から深みへと散策した。
 
ポイントはソフトコーラル そしてハードコーラルの入り混じる
なかなか 見所が多いポイントなのだ。

 
途中、、紫のソフトコーラルに足止めをくらった、、
ピグミーシーホースがいるらしい、、
ガイドのロナルドがしきりにソフトコーラルを揺すっては呼んでいる。
しばらくすると、、ほんの数ミリの小さいピグミーが姿を現したものの、、
コイツは出たり入ったり、、と 忙しいのである。


僕もその姿を撮ってやろうとチャレンジしたのだが、、
どうもヤツは用心深いらしく、、
とうとう僕のファインダーにはその姿を映してくれなかった。
 
 
この日の四本目のダイビングは、だいぶ陽が西に傾いた頃である。
斜めから陽光が差し込む、、 アニラオの海は暖かい。


このポイントのコアラでも僕は、そこそこ何かしらを撮って
上機嫌なのであった。。 

にっこり







 




 




...どきどき





6539kazu 13:07 | コメント(6)

フィリピン アニラオ 15/Apr/'13


とっても牛に似たウミウシ ブチウミウシなのだ♪  ぽっ




 

 二本目のダイビングを終えるとバンカーボートはリゾートに戻る。
ランチタイムである♪


二本目のダイブで電池が切れかけていたので
リゾートに戻ったらカメラのバッテーリーを取り換えなければならない、、


そして、、大事件が発覚するのだ!!
バッテリーを替えた後 テストをすると、、
なんとカメラ本体のストロボが付かない?
故障である。


事もあろうに本番のダイビング中に故障とは何と言う事であろう、、
共に今回買い足した外部ストロボのs-2000も結局
カメラ本体のストロボに連動する仕組みになっている為に使用出来ない、、


と言う訳で、、
このダイビング以降はストロボ無しの
LEDライトのみでの撮影になってしまう、、
とっても残念である。









三本目のポイントに向かう途中である、 パステルカラーの町並みが、、とっても田舎なのだ。






☆ アニラオ マト ☆ 15/Apr/'13
天候晴れ 気温33℃ 水温28,2℃ 水深max8,6m
透明度12m 潜水時間63min。。



ランチを済ませてバンカーボートは北へと向かう、、
ポイントに着いてブリーフィングを済ますと 次々とエントリーした、、


着底するとそれぞれ群青へと向かう、、
大きな岩山と小さな岩山の間を抜け ゴロタ岩 砂地と地形は変化する。


やがて砂地をぐるっと円を描くように徘徊した、、
なんだかデッカイウミウシ、、牛に似ているウミウシ ブチウミウシ
カラフルなカサゴ? ライオンフィッシュの親戚かもしれない、、
それに、、変なサカナに色々出逢った。



とりあえず、、ストロボは使えないので 
LEDライトでなんとかやるしかないのである。。


トホホ、、 しゅん


 















...どきどき



6539kazu 12:53 | コメント(0)
«  2013年 06月  »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
最近の記事
フィリピン セブ島 …
10/22 17:00
フィリピン セブ島 …
10/15 16:52
フィリピン セブ島 …
10/08 16:07
沖縄 西表島 5/s…
09/27 18:02
沖縄 石垣島 4/s…
09/20 17:59
最近のコメント
Мечтаете ж…
shale.laro... 11/17 04:59
Допустим, …
APIShinue 11/16 08:47
Hello ther…
RalphPlorp 11/10 11:59
Buy Cheap …
LuckFoept 11/04 07:58
перечень у…
Michaeltoi... 11/02 12:18