2008年02月のアーカイブ

インドネシア バリ島


最終日の最後のダイビング、、ベニダ島トヤパカ;気温30℃ 水温ボトム25℃ 透明度20m也、、

マンタポイントからボートに上がった僕は しばし落ち込んでいた、、それはブラックマンタをフレーム一杯に収めたかったのに それが出来なかったからである、、一方 カヨちゃんの方はドサクサにまぎれて僕等の前に立ちそびえる岩山の向こうへ上手くすり抜けて見事なブラックマンタの写真を撮っていたのだ、、僕はその画像を見せられて落ち込んだ、、もう少し僕は貪欲になるべきなのかもしれない、、 しかし過ぎ去りしは及ばざる如し、、である!
二本目はベニダ島南部トヤパカに潜った、>> ボチャン、、 流れているが快適な程度 ドロップオフの壁が延々と続く、、魚は文句なしに多い 時折流線型の魚の群れが横切る、、足元をナポレオンフィッシュが行く! >>  深くまで続く壁とその壁を持ち上げるように続く深い深いバリの海、、 深い海底まで見える、、ガイドは透明度20mと言っていたが僕には50m底まで確かに見えていた、、>> しばらく緩やかなドリフトダイブが続いた、、 このダイブが最後である僕はゆったりと潜るのだった、、>> 壁から少し離れてゆったりと身を流れに任せた、、透明度がいいので空中を飛んでいるかの様である、、>> やがてその時は終わりを告げた、、。 >> 今回のダイビングもこれでおしまいなのだ、、僕がボートに上がってから カヨちゃんケンちゃんが3本目に行きたい と言っていたが 僕はパスしてボートの甲板のうえで昼寝をしていた、、もう満足なのだ、、にっこり 後は僕が真っ黒に焼ければ充分である。

 、、、どきどき







6539kazu 12:47 | コメント(46)

インドネシア バリ島


今日がバリ島でのダイビング最終日なのでマンタに遭いに来た、、マンタポイントちょっと高いんだよネ!遠いから、、

本日最終日、、さて、、お目当てのマンボウには逢った事だし 次は何か? そこでブラックマンタにトライした!
なにしろ今日が最後のダイビングなのだ 少し欲張った、、 >> 昨日のカップル かよチャンけんちゃんと今日も一緒に潜る、、昨日のレンボガン島のサケナン以来すっかり仲良くなったのだ、、昨日のダイビングが終ってから帰路 ボートの上で明日は何処に潜ろうか?、、と話し合った結果 やっぱり最後はマンタに逢おう それもブラックマンタに、、と言うわけで意見が一致した、、。 >>>
朝一 まだ誰も居ない時間にマンタポイントに到着、、次々とエントリーした、、>> 本日のコンディション;晴れ 水温ボトム22℃ 透明度13mである なにしろ日がまだ上がってない事もあって、、さむ~ィのだ、、しかしフードをかぶってポイントへ向かった、、そこはなんにもないバンク状の寂しい場所であった、、僕とカップルそしてガイドと4人でひたすら寒い中マンタが現れるのを待ち続けた、、一人二人とダイバーが増えてきた、、それからしばらくすると十数人のダイバーが集まって来ていた 皆マンタに逢う為にここに集まったのだ ふと残圧計に目をやると70barを指していた、、ひょっとしたらマンタは現れないかもしれない、、少しだけ覚悟した、、その数分後、、 奴は突然文字どうりマントをひるがえしながらブラックマンタが威厳を放ちながら我々のまえに現れた! その堂々とした振る舞いに僕等は釘付けになり 皆唖然とその場に立ち尽くしたのだった、、 しかし、、いかんせんダイバーが多いので目の前まで近寄る事が出来ないのがとても残念であった!! それでも最終日にブラックマンタに遭遇したのは幸運であったのは言うまでもない、、細かいことは抜きにして 良し!ぽっ とした、、、。

 

6539kazu 12:38 | コメント(0)

インドネシア バリ島


やっぱりボートダイブは快適なのです! どんなに流れても上がった所に迎えに来てくれるのだ、、、にっこり

ボートに戻った僕は ようやくマンボウと踊れて上機嫌である、、 人心地着いて昼飯にありついた、、 >> 今日の予定は一緒に潜ったカップルが3本の予定なので ついでに僕も もう一本追加のダイブを付き合う事にした、、 で次のポイントは?、、 リノが答えた、、レンボガン島のサケナンという場所である、、なんでも良く流れるらしい、、リノがそう言ってウインクして見せた、、ウン!面白そうなのだ、、 >> 昼飯を終えてポイントへ向かった、、レンボガン島のサケナン 上等だ~!!流れてみやがれ、、なんて意気込みながらボチャンとボートから落ちると、、リノのウインクで想像は大体していたが やはりラフティングであった、、一緒にカップルもボチャン 彼等は少し怖がっている様だったが60本は潜っているので 大丈夫! だと思う、、しかし!潜り始めて数分後にトラブル発生、、 女性の方のウエイトが 流れている間に何かに引っかって外れた!
彼女は見る見るまにフワフワと、、そして彼女を追いかけて
リノが向かった、、僕とその彼氏は二人を追いかけてひたすら流れた、、 途中彼女のカメラが手から離れて流れて行った、、 僕はカメラめがけてフルキックで追いかけたので何とか僕のて収まった、、とりあえず一安心なのだ、、
が、しかし 相変わらず彼女とリノは水面近くを流れて行く
僕等はひたすら二人を追いかけた、、やがてエアも底尽きる頃 ボートは迎えに来た、、波乱含みのダイビングであった
が こういうハプニングもドリフトダイブならではの醍醐味ではある! 僕等は無事ボートにエキジットした後 お互いに顔を見合わせてはらがよじれるほど笑ったのであったあはは


 
6539kazu 21:54 | コメント(10)

インドネシア バリ島


浮上間際にもう一匹マンボウが現れた!、、後ろ髪引かれる思いでその場を離れた、、しゅん
6539kazu 12:07 | コメント(8)

インドネシア バリ島


本日のコンディション クリスタルベイ;晴れ 気温30℃ 水温ボトム23℃ 透明度21~24m也、、

一本目を終えてボートに上がった僕はマンボウとの遭遇を喜んだ半面 少し不満を洩らした、、僕はマンボウにもっと近づきたい!! すると、、ガイドのリノとカツが言った、、大丈夫! 二本目は他のダイバーが昼食を取っている間に行こう、、そう言ってくれた そしたらマンボウと踊る事ができると、、>> 僕等はダイブコンピューターを確認すると頃合良しと判断して二本目のエントリー、、>> カツを頭に僕等が続いた、、 居た、、マンボウ!
さっきより浮上して20数mでホバーリングしている、、しかもダイバーの姿は無い、、マンボウは普段はかなり深い所にいるのだが潮流と水温の折り合ったコンディションで体のクリーニングを(エステ)をしにこの浅瀬まで上がって来るのだ、、僕はカツの合図で一目散にマンボウに向かっていった、、しかし驚かせてこの場を去ってしまっては本末転倒である!
僕はマンボウ君の後ろの方からエアバルブも静かに吐き出しながらゆっくりと近づいた、、そして僕は感動した!!
信じられなかった、、そして 僕は目の前のマンボウに圧倒された、、なにしろカメラのシャッターを押しまくった
>> マンボウ君は僕を恐れる様子もなく少しづつホバーリングをしながら浮上20m位まで、、マンボウ君と僕の周囲は水面の太陽に照らされて暖かった、、>> 僕がマンボウ君と戯れている様をリノに撮ってもらった、、。
>> マンボウ君と目が合った 大きなつぶらな瞳を瞬きして僕を見ていた、、僕が怖くないのかな?、、不思議な気持ちであった、、マンボウ君の体に触らせてもらった、、心が通じ合ったのを その時感じた、、。
ボチボチ エアが、、 ボートの戻ろうとマンボウ君と離れようとした その時!もう一匹のマンボウが現れた!、、僕は二匹のマンボウ君達のツーショットをカメラに収めて 名残惜しみながらマンボウ君達と別れを告げた、、。

 . . どきどき













6539kazu 12:06 | コメント(0)
«  2008年 02月  »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
最近の記事
フィリピン セブ島 …
10/22 17:00
フィリピン セブ島 …
10/15 16:52
フィリピン セブ島 …
10/08 16:07
沖縄 西表島 5/s…
09/27 18:02
沖縄 石垣島 4/s…
09/20 17:59
最近のコメント
<a href=ht…
vtscmn 09/22 08:31
Hello. And…
umla 09/21 21:52
https://ww…
Tommypar 09/20 04:15
Собака – б…
Georgerof 09/19 18:33
Write My E…
Haroldhig 09/19 17:55