2009年11月のアーカイブ

タイ コタオ


リゾート内は南国の花が咲き乱れ とっても空が高いのである、、。
”電線がチョットだけ邪魔なのだが、、 あはは



 午前中、、 もう一本行く チュンポンピナクルへ、、。

cyunpon pinakul ;天候晴れ、気温29℃、水温29℃
水深max23,4m、透明度20m、潜水時間41min、、。


 少しだけボートのアップフロアで休むと、、
「じゃあ そろそろ、、」・・と ガイドのゴオさんがうながした。
僕等の組はたいてい一番最後に行く、、
ゴオさんは追われる忙しなさがキライなのかな?

彼はまだ若いから ワガママである。

 
>>潜行開始、、
目の前に広がるその山は 前回同様にそこに存在した、、
二本目なので 少し観察力をアップして望んだ。

そこで、、前回のetcの続きである。
360度サカナだらけなのだが、、目立つ奴は、、
ササムロ、クロコショウダイ、コガネアジ、ゴマフエダイ、コバンアジ、
ゴマアイゴの群れ、ユメウメイロ、イエローバンドジラーなど、、

そしてツムブリ こいつは捕食に来ていた。
ササムロの群れに、、
群れを切り裂く様に下からやって来て
そして群れに突っ込み パクパクとサカナを食べるのだ。


ずーと麓近くまで降りると、、
そこには 30kはゆうに越すであろうヤイトハタが二匹、、
寄り添って くつろいでいる。。

日本の、、
公園のベンチで日向ぼっこする年老いた夫婦を思い出した。 ぽっ







           

                      
クリックしてネ... どきどき




 
 
6539kazu 12:55 | コメント(0)

タイ コタオ


三分間の減圧停止、、 
山の麓に居るダイバーのアワワワワ。。。 あちゃー



 その山はタオ島の北西の外洋に存在した。

なんでも その昔、、
タイはチュンポンの漁師が発見したそうな。

それで チュンポンピナクルと呼ばれている、、
ピナクルとは、険しい山を意味する。 スマイリー



cyunpon pinakul :天候晴れ、気温29℃、
水温ボトム29℃、水深max26,7m、透明度20m、
潜水時間40min。。


 コタオの外洋ダイビングスポットでは
最もダイナミックなポイントの一つである。。

大海原の真っ只中、、ポツリと30m程の山が聳え立つ。

僕等は、、 
その山頂から深い蒼色に吸い込まれるが如く降下するのである、、

山頂は水面から5mの深度 
麓へと続く青のグラデーション、、 透明度は かなりイイ。

山の周りには 
この何も無い海原の中に存在する この山を、、
オアシスとする魚達が、かなりの群れで訪れていた。

その種類と多さは衝撃的なものである、、
主なサカナはツバメウオ、バラクーダ、タイワンカマス、
キンセンフエダイ、クロホシフエダイ、コガネアジ、、
などなど名前を挙げればきりが無いので etcなのだ。。


360度どこを見ても サカナだらけなので 
僕は眼のやり場に とっても困るのであった。 ぽっ 







                     
クリックしてネ!...どきどき






6539kazu 23:52 | コメント(0)

タイ コタオ


我らがアジアダイバーズ号なのだ、、 
タイのダイビングボートは間取りも広くてとっても快適である。 にっこり


 
 初日のダイビングを終えた僕等はメーハート港に帰港。

椰子の木が茂る海沿いの曲がりくねり、、
上がったり下がったりの道をサイリービーチへ帰る。

宿に戻り機材などの整理、洗浄そして
ログ付けなどを終えると後は自由である、、

僕はそのままリゾートのプールに飛び込むのだ
プールには金髪の女性と子供がいるだけ、、

プールで仰向けになって空を仰ぐと
その空間はとっても広く感じられた、、
僕だけの空、、なのだ。  スマイリー




サイリーのイタリア料理のレストラン、、
僕はこの日、、とっても飢えていて 肉を食べたかった。



と、、言うわけでステーキをオーダーした、、が しかし?!



 夜になると、、一人で繰り出した。
今夜のディナーはサイリーのイタメシに決めていた、、

店に入って席に着くといきなり蚊の攻撃に遭ったので
とりあえず、、
ウエイターに料理を頼む前にモスキートスプレーを頼んだ。

料理は ニュージーランド産テンダーロインのステーキを頼んだが??
出て来たステーキは肩ロースであった、、さすがタイである。

値段も安いので(350バーツ)致し方なし、、とあきらめた。
日本では千円のステーキなど有り得ないし? 熱血

腹が満たされるとビーチに出て 
今では懐かしい椰子ぶきのバーでジンをやった、、

今回は初日にしては、、おとなしい夜である。


 
 明日はいよいよ本番 ジンベイサメが出るかもしれない??
外洋ポイントで潜る。。 ぽっ







                    
クリックしてネ!...どきどき







6539kazu 13:42 | コメント(1)

タイ コタオ


ブチウミウシ君である。 色が綺麗なので珍しくウミウシを撮った、、
僕は一般ダイバーほどウミウシを好きではない。
ナメクジではないか、、どう見ても? あはは



 初日の二本目もマンゴベイに潜った。

mangobay; 天候晴れ、気温33℃、水温29,9℃
水深max8,4m 透明度10m、潜水時間41min、、

 
 ダイビングのスタイルは船の最後部よりジャイアントストライト、、
凪ぎた海面は鏡の様に僕等のアジアダイバーズのボートを映し出す。

ガイドのゴオさんから潜行の合図が出ると 互いに合図を確認してから
僕は音も無く、、水中に姿を消した。

 ボトムに着くと、、砂地を這うように徘徊した、、
朽木の周りにキツネフエフキが遊んでいる、、

メンバーが寄ってたかって撮っているので何かと思って近寄ってみると
そこにはブチウミウシがいた。 
こんな時、、なんだナメクジか、、といつも思う。
でもコイツは とっても綺麗だったので許す! あはは

白い砂地の穴を覗くと とても可愛らしいギンガハゼが出たり入ったり
その合い間に撮らせてもらった。


しばらく下ばかり見て泳いでいると、、
やがて、、また奴等はやって来た! 

僕の頭上はすっかりサカナだらけである、、
もはや 僕等に逃げ道は無いのであった。。 スマイリー




 


                      
クリックしてネ!...どきどき



6539kazu 12:25 | コメント(8)
«  2009年 11月  »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
最近の記事
フィリピン セブ島 …
10/22 17:00
フィリピン セブ島 …
10/15 16:52
フィリピン セブ島 …
10/08 16:07
沖縄 西表島 5/s…
09/27 18:02
沖縄 石垣島 4/s…
09/20 17:59
最近のコメント
Мечтаете ж…
shale.laro... 11/17 04:59
Допустим, …
APIShinue 11/16 08:47
Hello ther…
RalphPlorp 11/10 11:59
Buy Cheap …
LuckFoept 11/04 07:58
перечень у…
Michaeltoi... 11/02 12:18