2010年06月のアーカイブ

フィリピン ナルスアン島


このまま引き上げて加工したら良いテーブルになるよネー
木枠でmakingしてから上にガラスでも乗せて、、カッコイイ! あはは




 ナルスアンの1本目を終えてバンカーボートに上がると
少し長めに休んだ、、

青い海 蒼い空、、 
そしてナルスアンからの潮風も気持ち良い。

 二本目行く?、、と
アベちゃんが僕に目で聞いてきたので、、
もう少し潮風に吹かれていたかったのだが
素直な僕は、、つい 頷いてしまったのだった。





とっても気持ちがイイ~! バンカーボートなのだ。



アベちゃんはマクロに関しては、かなりいけるガイドである。



 
 Nalusuan 2 ; 天候晴れ、気温31℃、水温28℃、
      水深max16m、透明度16m、潜水時間40min。

 

 ナルスアンのスロープは、とても明るく華やかである、、
そして、、魚の種類も多く 面白い奴が居るのである!

今回 中でもカサゴ類の一族に多く出遭った。
そして、、彼等は本当に海底の岩そっくりに化けるのだ!

しかも、、彼等は見た目だけではなく、心まで岩に擬態していて
僕が撮るアングルが悪いと直接カサゴ君を持ち上げて
位置を変えたりするのだが、、

カサゴ君といえば 岩になりきっているので
そのまま動かずにじっとしている、、
僕にはとても真似できる技ではない。

カサゴ君の一族は、、
心身 伴に擬態のプロフェショナルである事を
再確認したのであった。 ぽっ







                      

                            

クリックしてネ... どきどき




6539kazu 12:57 | コメント(0)

フィリピン ナルスアン島

         
ナルスアン島沖にてツーショット、、 ハート


 
 三日目、、
マクタン島にて6ダイブして すっかり馴染んだ僕は、、
この日は他の島で潜る事にした。

とりあえず 午前中はナルスアン島で2ダイブである。





ナルスアン島にもリゾートがある、、
              この場所だと ちょっと不便かな?




 Nalusuan ; 天候晴れ、気温31℃、水温28℃、
      水深max22m、透明度18m、潜水時間41min、、

 
 前日の午後、、
ショップを仕切るノブさんに相談した、、
明日は そろそろマクタンを離れて他で潜りたいと。

それで 勧められたのがナルスアン島とヒルトゥガン島である。

聞くと、、アベちゃんは マクロのスペシャリストである。

そのアベちゃんが 
ナルスアンにはピグミーシーホースが住んでいると無表情で言った。

それでは そのピグミーシーホースに会ってやろうと、、
とりあえず午前中の2ダイブはナルスアン島に
決めたのであった。



 


ナルスアン島は 女神がいたり、、 王様?がいたり、、
意表をつくポイントではある。。 ぽっ




>> リゾートの長い桟橋の先端から
バンカーボートは出航した、、遠くに映る あの島へ、、
 
ナルスアン島周辺の海域は やはり流れている。

今日も僕とアベちゃんの二人だけなので 
各々 支度が出来るとバンカーボートの先端から
エントリーした。

着底すると アベちゃんはすぐにドロップオフに向かう、、
僕も彼を追いかけた。
水深15mまで降りると そこには赤紫のイソバナが在る、、
アベちゃんは、そのイソバナを揺すり始めた。
ピグミーシーホースを引っ張り出す為である、、

やがて現れたピグミー君は、、
ひどく怯えて萎縮しているようであった。

僕はその怯えて体を丸めたピグミーをカメラに収めると
「もういいよ~!」とアベちゃんに合図を出した、、
僕はもっと他に行きたいのである、、
ピグミー君は眠い所を起されて不機嫌でなのだ、、
もう、、そっとしておいてあげよう。 ぐすん

執着しないのが僕の良いところではある。 スマイリー







              

  クリックしてネ... どきどき
6539kazu 13:01 | コメント(0)

フィリピン マクタン島


パシフィック セブ ダイバーズには この様な広いテラスがある。
本日いたって晴天なり、、 晴れ



 
 午前中に二本目のダイビングを終えて やっと開放された僕は、、 
とりあえず昼ビール&ランチである。




午後はリゾート内にあるプールサイドで読書など、、 ぽっ


昼ビールで、、すっかり機嫌がよくなった僕は
早速 CDプレーヤーと本を抱えてプールに行った、、
しかし、、以外に敷地が狭く人も多くて、のんびり出来そうにない。

そこで、、子供用のプールはいかががなものか?と
行ってみた、、すると!これがとっても良かった。

得意のワニ歩きで広いプール内をウロウロ、、
場所を変えてはプカプカ、、 あはは


 
>>夜はマクタンシティーに繰り出す事にした。
何かの本に載っていたシュラインマーケットで
ラプラプで一杯も悪くない、、

リゾートのレセプションから
並木道をまっすぐ ゲートまで200m以上は歩く、、
このリゾートでは桟橋を含めて よく歩かされる。 あちゃー

ゲートの周りには僕の予想通りにトライシクルがずらりと
来るか来ないか分からない客を待っていた、、。

その中の一台を200pに値切って借り切った。
一晩の時間制限なしで、ここに戻ってくる、、
チョット高いけどツーリストプライスなのだ。。 熱血

  


フィリピーノはカメラを向けると
       とたんに人柄が変わるのである。




シュラインマーケットは地元でもかなりの人気」なのだ!



 魚介類を店の入り口でチョイスして値段交渉、、
そして料理方法を指定する。

僕の選んだラプラプは中華風のスチームにしてもらった、、
それとハマグリのスープ そしてサンミゲールビア、、 

かなりのボリュームになったので結局、、
残してしまったがラプラプは本当に美味かった!
僕のお勧めである。。 スマイリー







           
美味いで~...どきどき
 

 
6539kazu 12:41 | コメント(0)

フィリピン マクタン島


珊瑚の森は果てしなく続く、、、スマイリー




 二日目の二本目はBasbas、、

バンカーボートの上で少しだけ休むと 
サッサと二本目である。

Basbas ; 天候晴れ、気温31℃、水温28℃、
      深度max15m、透明度15m、潜水時間34min、、





今日は午前中しか潜らないので 午後はプールサイドのんびりしよう、、にっこり
 



コバンサメが僕の周りをぐるぐると、、 




 海上からの潮風がそよそよと心地良い、、
すると アベちゃんが そろそろ、、と僕に合図した。

エントリーして海底に降りると、、 
そこは緩やかなスロープになっていて
珊瑚の森が視界に広がっていた、、

ゆるやかなスロープ、、
するするとその傾斜に向かっていく。

やがてドロップオフになる、、 
その崖っぷちを降りる途中、、気配がした。 

見上げるとコバンサメがいた、、
しばらく、、そのコバンサメは僕にまとわり付いていたのだが
僕は人なので 彼のお世話にはなる用は無いのである。
他を当たってくれたまえ、、、。

ドロップオフから やがて浮上、、
砂地をしばらく徘徊するとクモウツボが僕を待ち構えていた。

この眼は何を狙っているのだろう、、? 熱血





<

  クリックしてネ...どきどき



6539kazu 13:07 | コメント(0)
«  2010年 06月  »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
最近の記事
フィリピン セブ島 …
10/22 17:00
フィリピン セブ島 …
10/15 16:52
フィリピン セブ島 …
10/08 16:07
沖縄 西表島 5/s…
09/27 18:02
沖縄 石垣島 4/s…
09/20 17:59
最近のコメント
Мечтаете ж…
shale.laro... 11/17 04:59
Допустим, …
APIShinue 11/16 08:47
Hello ther…
RalphPlorp 11/10 11:59
Buy Cheap …
LuckFoept 11/04 07:58
перечень у…
Michaeltoi... 11/02 12:18