2010年04月のアーカイブ

フィリピン マクタン島


パシフィック セブリゾート周辺の海は遠浅である。
なんと! リゾートのピア(桟橋)の長さは800mもある、、



 
 僕は とりわけ朝が得意ではないが、、
それでも ダイビングに外出している時は早起きである。
毎日の日課であるストレッチを念入り済ますと朝飯なのだ、、

リゾートの朝食はバイキングスタイルなので
自分の好きに出来るのが良い。
お粥なども有るので飲み過ぎた翌朝にはいいだろう。






とっても長い桟橋、、 
この桟橋の先端から先は深い深いドロップオフなのだ。





 約束の集合時間 8時10分にPCダイバーズに行くと、、
そこにはフィリピン人のスタッフが僕を待ち構えていた。
今日のガイドをしてくれる オポンとジャルビーである、、
二人ともいい奴である。 目を見てすぐ判った、、 


約束の集合時間 8時10分にPCダイバーズに行くと、、
そこにはフィリピン人のスタッフが僕を待ち構えていた。
今日のガイドをしてくれる オポンとジャルビーである、、
二人ともいい奴である。 目を見てすぐ判った、、 


さて、、マクタン島の初日、、
ファーストダイブは アグスに潜る。

Agus ; 天候雨、気温30℃、水温ボトム27℃、
     深度max16m、透明度18m、潜水時間45min、、


 初日のメンバーは、、
日本人の女の子二人とガイドのオポンとジャルビー
そして僕の5人である。





透明度良し! 少しときめいた、、 ぽっ とってもキレイなのだ。。



 
 前回は、、夜の街中でのダイビングが主な目的だったので
ガイドもそれなりのポイントにしか
連れっていてくれなかったのかもしれない、、。

とにかくマクタン島の海を見直したのと同時に、、
これから始まるダイビングに期待が持てた。

アグスの地形はドロップオフ、、 
この崖の麓はどの位の深度だろう? かなり深い、、

とりわけ、、写したくなる連中が多く住んでいたので
とっても幸せな気分である。。







              

                            
クリックしてネ!...どきどき




6539kazu 13:00 | コメント(0)

フィリピン マクタン島


マクタン島 アグスのドロップオフなのだ、、
             この崖の底は水深80mくらいかな、、?



 
 夜の帳が降りた頃、、
PR433はマクタン島上空を、グルリと廻りこんで旋回した。
眼下にポツポツと灯る船舶のあかりを眺めながらの
ランディングなのだ。

今後の宿 トランスポートなどは今回ダイビングツアーにて 
何も考える必要も無い、、ただ楽しむだけで良い。
とっても楽チンである、、

マクタン空港のイミグレーションをパスして外に出ると、、
現地のガイドが僕をすぐ見つけてくれた。 にっこり


 
 昔から、、だいぶ変わった空港をバスで発つと、、
22年前とそう変わらない街並みを眺めながら宿に向かった。

今回滞在するパシフィック セブ リゾートは、
広い敷地にコテージやその他の宿泊施設、、レストラン
プール そしてスパなどが充実している。

リゾートに到着すると、、
立派なゲートを通り100m位行った所がレセプションである。

バスを降りると貝のネックレスを首にかけられた、、
少しだけ調子が狂うのである。。 あはは





僕の滞在したスタンダートルームは
    ダイビングショップにすぐ近くで便利ではある、、
         ちなみに2階の左から3番目の部屋なのだ。




コクテンフグ。 誰かに似ている、、犬だとチャウチャウか?


 
 


到着した日の夜はリゾートのレストランでおとなしくラムなどをやった、、

明朝8時10分にショップ集合なのだ。 スマイリー






             

                         

とりあえず、、ウミウシ三点盛りである...どきどき

6539kazu 12:55 | コメント(2)

フィリピン マクタン島


機上からのサンセット もうすぐ着く、、
成田からセブ島までのフライト時間は約5時間である。



 この春 僕はパラオにいくつもりであった。
しかし、、僕の中の何かがセブ島を呼んだのだ、、
実に22年振りのマクタン島である。。

正直言って、、 
僕は そんなにセブの海には期待していなかったのだが、、
その期待は 今回見事に裏切られ
とっても充実したダイビングなのであった、、ぽっ




僕の城からの練馬区の眺めである、、 
              奥行きは秩父の山並みが仕切るのだ。 




2年ぶりの第2ターミナル、、寿司田は昔からの馴染みである。



 いつもの様に旅立つ前には寿司をツマミに一杯やる、
この第2ターミナルの寿司屋の司田は、
おそらく成田空港では一番美味しい寿司屋である。

一服、、落ち着くたびに 
板前さんが つまみを出してくれた、、
おそらくは5キロはあるであろうカンパチのハラスを
醤油で焼いたものは絶品であった、、
もちろん 「板さんの気持ち」で出してくれたのである。

そら豆を頼むと、、 
サヤを割った状態でそのまま焼いて出してくれた、、
湯がいたそら豆よりも香ばしい、、

料理は手間をかけるより一工夫である!
目からウロコが落ちる思いなのだ。。






              

                            
...どきどき





6539kazu 12:53 | コメント(1)
«  2010年 04月  »
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
最近の記事
フィリピン セブ島 …
10/22 17:00
フィリピン セブ島 …
10/15 16:52
フィリピン セブ島 …
10/08 16:07
沖縄 西表島 5/s…
09/27 18:02
沖縄 石垣島 4/s…
09/20 17:59
最近のコメント
<a href=ht…
vtscmn 09/22 08:31
Hello. And…
umla 09/21 21:52
https://ww…
Tommypar 09/20 04:15
Собака – б…
Georgerof 09/19 18:33
Write My E…
Haroldhig 09/19 17:55