2012年03月18日のアーカイブ

パラオ ウーロンチャンネル


いやいや、、今回パラオの海で遭ったサメの数は
おそらく300匹は越えるであろう、、とってもスリリングである。 ぽっ




 初日を無事終えて、、
夜は同船したダイバーのメンバー及びガイドと夕食を共にした。
 
これが結構いい店だったので 
ヤシガニやシャコ貝などの高級魚介類をいただいた、、が
これが結構高くついた夜であった。






初夜なのでチョットいい店に行ったのである。



店内もゴージャスなフインキなのだ、、 電球




 さてさて、、二日目の1本目はウーロンチャンネルである。
ここもまた いいポイントなので朝一から幸せになれる気がするのだ♪



ウーロンチャンネル; 天候晴れ、気温31℃、水温29℃、
     深度max19,2m、透明度20m、潜水時間41min。




 
 果たして、、
その朝一の僕の感は まさしく的中したのだった。

ポイントに到着して、、ガイドのレジが最初エントリーした、、
そして 開口一番、、「すっごいョ! ギンガメの大群だよ!」・・

それを聞いて 僕等は矢継ぎ早に次々と海に落ちた、、
すると! 僕の目の前には結構 良いサイズのサカナ達が
トグロを巻いて僕を出迎えてくれたのであった。

僕は着底すると、、 
すぐにそのギンガメアジの玉を回り込んでカメラを向けた。 
僕にしては この規模の玉は初めてだったので嬉しかった、、

朝一の陽光が透明度の良いパラオの海を浸透して 
サカナ達を美しく照らした しかし、、
その全体像は 僕のカメラのファインダーには収まりきれない、、
新しいワイドレンズが欲しくなった。

ウーロンチャンネルはドロップオフの壁をしばらく行った先に
その水路はリーフに向かってある。

まずは ドロップオフのエッジで留まった、、
サメが沢山いたので 少したわむれた。
グレイリーフシャークは美しいそのボディラインをひるがえしては
僕等の前で乱舞するのである。

壁を水平潜行する、、 
やがて水路に到達したが今日は流れていなかった。

僕等はその水路からリーフへと向かう
リーフ内の水路沿いの珊瑚礁にて散策した。
そして、、やがて残圧計の針は80barを指した、、

朝一のとっても澄んだ潮と群れ、、
そして サメに恵まれたダイビングであった。 スマイリー





  

   ...どきどき






6539kazu 22:40 | コメント(0)
«  2012年 03月  »
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の記事
フィリピン セブ島 …
10/22 17:00
フィリピン セブ島 …
10/15 16:52
フィリピン セブ島 …
10/08 16:07
沖縄 西表島 5/s…
09/27 18:02
沖縄 石垣島 4/s…
09/20 17:59
最近のコメント
Опираясь н…
teleinspTr... 01/21 04:32
Подскажите…
PeterBar 01/18 20:00
Howdy! <a …
AdelinaBok... 01/16 04:13
Hi! <a hre…
MichaelDee... 01/15 20:00
Hello! <a …
MeganBokdt 01/15 14:58