インドネシア バリ島 



川下りの出発点に到着した僕達は身支度をしてボートに乗り込んだ なんと僕の乗るボートのクルーはガイド以外は全部 オンナである、、 総員5名とりあえずボートに乗り込んだ僕達は川下りの行程と基本的なレクチャアを受ける そして、、いざ出発である! 軽快に川面を滑り出したボートはなんとも表現出来ない程、、カイカンあはは なのだ! >> 川を下る途中 幾度となく岸壁に引っ掛かったり 張り付いたり 波乱万丈なのだが その度に起こる効果音が!これがまたスゴイ迫力であった、、いわゆるオンナのキャアーとかワァーとか様々な擬声語が飛び交う、、おかげ様で 僕は何も声を発する必要もなく ただ黙って漕ぎ続けるだけでヨカッタので まぁ楽ではあった。
>>行程はなにしろ12kmなので中間点の6km地点、見事な滝が有る場所で休憩を取った、、そこで何枚か写真を撮り いっぷくして再び川へ、、下る途中何艘もある他のボートと抜きつ抜かれつのデットヒートを繰り広げる、、各ツアーのボート同士の熾烈なレースはエキサイトした、、途中水を掛けたりするのも有り、、だが軍配は我がボートにあった なにしろオンナばかりなのだあはは 日本の女性は強い!彼女達はキャアーとかワァーとか叫んで相手を完全に呑み込みながらグングンボートを進ませた、、そして僕はおとなしく端っこで漕いでいた、、>> トラジャ、ワジャ河のボートからの風景は絶景の一言で済む、、ジャングルと岩山の間を進むボート、、熱帯特有の植物の間をくぐりながらボートは行く、、そして大きな滝を直前でパスして その先へ、、チョットした段差は舌をかまない様に歯を食いしばって突っ込む、、なんともワイルドな遊びではある熱血 >> 延々と続くと思われたその川下りもやがて終る、、全行程2時間の川の旅は彼女達の大勝であった事は言うまでもナイ、、、。             


 どきどき


6539kazu 10:34 | コメント(0)
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
コメント:
«  2007年 12月  »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
最近の記事
フィリピン セブ島 …
10/22 17:00
フィリピン セブ島 …
10/15 16:52
フィリピン セブ島 …
10/08 16:07
沖縄 西表島 5/s…
09/27 18:02
沖縄 石垣島 4/s…
09/20 17:59
最近のコメント
Опираясь н…
teleinspTr... 01/21 04:32
Подскажите…
PeterBar 01/18 20:00
Howdy! <a …
AdelinaBok... 01/16 04:13
Hi! <a hre…
MichaelDee... 01/15 20:00
Hello! <a …
MeganBokdt 01/15 14:58